トピックス TOPICS
記事一覧へ

次世代のステビア「レバウディオサイドM」の特許

2018/03/22/

~ステビア甘味料の新たな甘みでグローバル企業を動かす~

 

東大阪市に本社を置く守田化学工業(代表取締役:守田豊重)は、1971年に世界で初めて植物由来のステビア甘味料の工業化に成功したパイオニアメーカーであり、現在、世界的に使用されているステビア甘味料「レバウディオサイドA」高含有品は同社の品種改良技術によるものである。

 

この度、同社はステビアに含まれる新たに味質の優れた新規甘味成分「レバウディオサイドM」を発見し、既に物質特許を日本、米国、欧州、韓国、マレーシア等で取得しており、その他多くの関連特許も出願している。

 

新規甘味成分「レバウディオサイドM」は砂糖の約600倍の甘味を有し、天然甘味料の中で砂糖に最も味質が近く、コクもあり、苦みが全くないことから、飲料・食品のグローバル企業が砂糖の代替甘味料として関心を示している。

 

現在、「レバウディオサイドM」を使用・製造するには守田化学の物質特許許諾が必要であり、同社は既にグローバル企業数社とライセンス契約を締結し、世界市場を見据えた動きを始めている。 昨今は生活習慣病の予防から砂糖税を導入する国が増えており、今後は砂糖の代替として次世代に繋がる夢のステビア甘味料として更なる需要拡大が見込まれる。